NEWSお知らせ

インドネシアに飛び火したPositive Mental Attitude ~KEMURIをカバーする世界のバンド達~

2021.03.02

 

日本を代表するスカパンクバンド、KEMURI。1995年から活動をスタートした彼らは、活動当初から海外との繋がりが厚く、1996年にはLess Than Jakeとのスプリット作を発表。デビューアルバム『Little Playmate』はRoadrunner Recordsから発売され、海外ツアーも精力的に行っている。その人気は日本だけでなく、ツアーを行ったアメリカなどでも高い。彼らがバンド活動のアティトゥートとして掲げている”PMA (Positive Mental Attitude)”は、スカパンクシーンのアティトゥートにもなっており、彼らの代表曲「PMA」はシーンのアンセムと言えるだろう。そんな「PMA」が今、インドネシアで爆発的な人気を博し、スカバンド達がこぞってカバーしていることはあまり知られていないだろう。

 

日本とインドネシアの位置関係 (wikipedia)

 

インドネシアは日本からおよそ4,800km離れた東南アジア南部の島国で、人口2億5千万人を擁する大国だ。巨大な音楽マーケットが存在し、毎週のように大規模な音楽フェスティバルが開催されているこの国では、特にメタルシーンが盛り上がっており、市長や大統領までもがメタラーであることを公言する程だ。そんなメタルに次いで人気があるのが、スカやレゲエといった音楽だ。インドネシア語で歌われる事が多い為、国際的な人気は少ないものの、数千人〜数万人規模で公演を行う大人気バンドShaggydogは、スカ好きなら知っている人も多いだろう。

 

 

多種多様なジャンルが盛り上がる音楽大国インドネシアで、KEMURIの「PMA」をカバーしているバンドを調査し、ライブビデオがアップされているものをまとめてみた。映像のクオリティやバンドの技量についてはとやかく言わず、KEMURIが大好きでたまらない彼らのパッションに寄り添って観て欲しい。また、インドネシアと同じ東南アジアのバンドも一緒に紹介している。

 

 

 

Skudap Skudip

マレーシアの首都クアラルンプールを拠点とする8人組スカパンクバンドSkudap Skudipは、2004年結成から精力的に活動を続けるインドネシア・スカシーンのベテランだ。いくつかライブ映像を見る限り、かなり広い会場でプレイしているし、ラジオ番組で演奏したり、STAR BUCKS COFFEEでインストアライブを行っている写真も出てくる。アルバムは2009年の『Bukan Sudu Bukan Sudip』のみだが、今もライブ活動は地道に続けているようだ。

 

 

Orkeska Gathel Budoyo
インドネシアの五大都市の一つ、スマランを拠点に活動するスカパンクバンド、Orkeska Gathel Budoyoは2010年から活動する人気バンド。ドラム後方からのライブビデオだが、かなり多くの人たちがシンガロングしているのが分かる。

 

 

Kopi Loewak
インドネシアはジョグジャカルタを拠点に活動するKopi Loewakは、バイオリン奏者がいる不思議な編成のスカパンクバンド。この映像で見る限り、演奏技術はいまいちだが、そんなことはここにいる誰も気にしていないし、楽しそうなのが良い。Kopi Loewakのオリジナル楽曲を聴く限りはなかなか良いバンドなので、ちょっと盛り上がりすぎただけだろう。

 

この他にもバンドの情報が出てこないローカルバンドのカバービデオをいくつか見つけたので掲載しておく。灼熱のベースメントショウで、チューニングフルシカトで熱演する上半身裸のバンドや、結婚式?のような会場でゆるくカバーするバンドなど様々。これほどまでにKEMURIの「PMA」がインドネシアという国に浸透しているのは本当に凄い。

 

 

最後に、インドネシアではないが海外のバンドがカバーしている動画をいくつか見つけたので紹介しておこう。

 

 

The Full Pledge Munkees
The Full Pledge Munkeesは、1999年から活動するシンガポールのスカパンクシーン最初期のバンドでOiやストリートパンクシーンとの繋がりが厚い。会場は狭そうだが、演奏技術は高く、人気もあり、もしかしたらインドネシアで人気というよりは、東南アジアで人気なのかもしれない。

 

 

Senshi
セルビアを拠点に活動するメタルバンド、Senshiは来日経験もある人気バンドだ。彼らにとってKEMURIの存在は日本のロックを知るきっかけであり、Senshiの活動を続けるエネルギーになっているようで、動画の概要欄には日本語で熱いメッセージを書いている。

 

KEMURIのポジティヴ・ヴァイブスは日本だけでなく、世界中を明るく前向きな気持ちにしてくれている。少しずつライブスケジュールがアップされているので、感染症対策をしてライブに遊びにいきましょう。PMA!

BACK TO LIST

PAGETOP