NEWSお知らせ

glaiveが新EP『all dogs go to heaven』をリリース + Travis Barkerプロデュース曲も

2021.08.09

 

弱冠16歳のAsh Gutierrezによるハイパーポップ・プロジェクト、glaiveが、セカンドEP『all dogs go to heaven』をユニバーサル・ミュージック傘下のInterscope Recordsからリリースしました。エモラップの存在が、ポップパンクとクラウドラップシーンを繋げ、その先にハイパーポップとのクロスオーバーがあるならば、すでにglaiveがそのクロスオーバーのひとつの完成形を本作で提示していると感じます。

 

彼のサウンドの特徴は、sadeyesやsulliiを彷彿とさせるサッド・ラップをベースにしながら、guardinらがエモラップシーンに持ち込んだアコースティックサウンドを取り入れ、そこにヘヴィなベースとグリッチを混ぜ込んでいるところでしょう。ここからさらに精度を上げていった先にどんな音楽が待っているのか、期待が高まります。

 

 

Travis Barkerは、「synopsis」という楽曲のプロデュースを担当しています。

 

BACK TO LIST

PAGETOP