NEWSお知らせ

Descendentsの新作『9th & Walnut』本日リリース! 聴く前に知っておきたい事をまとめてみた

2021.07.23

 

カリフォルニア州マンハッタンビーチを拠点に活動するパンクロックバンド、Descendentsが、新作『9th & Walnut』を本日2021年7月23日にEpitaph Recordsからリリースしました。

 

この作品は、完全な新作という訳ではなく、未発表曲の再録を含む特殊な内容になっている為、まずはこの作品がどんなものなのかまとめてみたいと思います。

 

 

2021年5月4日にシングル「Baby Doncha Know」をリリースすると、YouTubeのビデオにはDescendentsファンから驚きのコメントに溢れた。概要欄に明記されたメンバークレジットには、現メンバーであるKarl、Stephenの名前はなく、オリジナルメンバーであるFrank NavettaTony Lombardoの名前があり、楽曲制作者もFrank Navettaになっていたからだ。

 

この作品は元々、2002年に制作されていたものがベースになっている。オリジナルメンバーであるFrankが83年の脱退からバンドに復帰、またTonyも83年に脱退〜85年一時復帰を経て、Frankと共にDescendentsに戻っている。復帰というと語弊があるかもしれないが、オリジナルメンバーでの企画的再結成とでも表現しておこう。

 

 

アルバムタイトルの『9th & Walnut』は、オリジナルラインナップのDescendentsが初めてリハーサルを行ったカリフォルニア州ロングビーチのリハーサルスタジオの名前に由来しており、アートワークはそのリハーサルスタジオ (と似たような場所?) にメンバーのイラストがペイントしてある。

 

アルバムのうち、11曲をFrankが制作しており、残り4曲をTony、2曲をDave Nolte (77年から79年に在籍したオリジナルメンバー)、そしてThe Dave Clark Fiveのカバー曲「Glad All Over」と全18曲が収録されている。これらは1977年から1980年に制作された楽曲を2002年、そして2020年に再録したものになっており、一部再録に際しては、COVIDによるロックダウン中にMiloが自宅で再録したそうだ。

 

このクラシックなラインナップで制作された作品は、『Everything Sucks』以来。古くからのファンはもちろんワクワクする内容になっているし、未発表曲ということもあり、新しいDescendentsの作品として楽しんでもいいのではないだろうか。

 

BACK TO LIST

PAGETOP