NEWSお知らせ

2021年を振り返る : 再びパンクシーンに戻ってきた再結成バンド達のリリース・ラッシュ!

2021.12.29

 

ここ数年のメロディックパンク・シーンは思っても見なかったバンド達が再結成する”トレンド”があった。そのトレンドは2010年代後半から始まり、連鎖的にアメリカ、特にカリフォルニアを中心に2019年の終わり頃まで続いた。その動きを牽引していたのが、リイシューを得意とするSBÄM RecordsPeople of Punk Rock Recordsといったレーベル達だ。元々はBird Attack RecordsというレーベルがBelvedereの復活アルバムを手掛けたり、ローカル・メロディックパンク/スケートパンクの復興に尽力していたものの金銭トラブルが相次ぎ消滅。その後はSBÄM RecordsやPeople of Punk Rock Records、Thousand Islands Recordsが盛んに動き出し、ムーヴメントを牽引していった。

 

DFL

 

そんなSBÄM Recordsから今年、24年振りに作品を発表したのが、ハードコアパンク/スケートパンクバンド、DFLだ。かつてはBeastie BoysAd-RockMike Dが在籍したことで知られる90年代の伝説的なバンドで、2014年に復活したものの本格始動には至っていなかった。しかし、コロナ禍の2021年にアルバム『YRUDFL』を発表、シーンを驚かせた。あの頃からタイムスリップしてきたような勢い重視のハードコアパンクは歳を重ねていながらもスタイリッシュでクール。

 

 

 

Reset

 

また、Simple Planのメンバーがブレイク前に在籍していたことで知られるResetもメンバーラインナップを一新し、9年振りとなるアルバム『No Resistance』をPeople of Punk Rock Recordsからリリースしている。Resetは95年リリースのEP『Concerned』の再発など、過去タイトルの復刻も行い、一気にシーンにカムバック。決して衰えることのないメタリックなフレーズが疾走するメロディックパンクに興奮したファンも多いだろう。

 

 

People of Punk Rock Recordsを通じ復活したのはResetだけではない。1989年に結成され、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に90年代メロディック・シーンを盛り上げたJughead’s Revengeも新曲「American Gesture」をリリース。さらにはカルト的な人気を持つカナダのスケートパンクバンド、Brainpükerも20年振りの新作となる「Relationshit」を発表。こうなったら、90年代に土着的な活躍をしたアンダーグラウンド・スケートパンクの再発がさらに進むことを楽しみに待つしかない。現に近年入手困難となっており、高額取引されてきたアイテムがレコード化される動きは進んでおり、90年代当時、10代〜20代だったパンクファンが再び青春時代を楽しんでいる雰囲気がある。

 

Jugghead’s Revenge

 

Brainpüker

 

 

 

再結成したバンドの中で、最も見事だったのはなんといってもカリフォルニアの伝説、Deviatesだ。彼らが復活するというニュースは今年3月にPUNKLOIDでも取り上げ、その動向を注視してきた。先行シングルのリリース、そして盟友Pennywiseとの久し振りとのツアーと制作、ライブ活動ともに現役時代を彷彿とさせ、とどめは9月に公開したミュージックビデオ「The Liar」。90年代メロディックの旨味を凝縮しながらも現代的なサウンド・プロダクションにアップデート。長いブランクを感じさせない貫禄を見せつけた。もちろんアルバム『Holding Out』は今年カムバックしたことを抜きにしても素晴らしいメロディックパンクの名作と言える。

 

 

 

 

再結成ムーヴメントの波に乗って、とは言えないがここ日本を拠点とするAIRPORTも新曲を含む10年ぶりの新作シングル『Take back our sensibility』を発表し、多くのファンが歓喜した。ミュージックビデオ「newsong」の歌詞は、AIRPORTがバンドとして過ごした時間、そしてAIRPORTが止まってから過ごした時間を振り返るような仕上がりで、微睡の中にも明るく前向きな気持ちが感じられる。

 

いくつになってもパンクロックを鳴らすことが出来る。多くの人たちがコロナ禍を通じ、これまでの生活を振り返る中で感じた「あの頃の気持ち」がこうした再結成ムーヴメントが世界的で発生している要因になっているようにも思う。2022年も驚くようなバンドが再び音を鳴らしてくれるのを楽しみにしたい。

BACK TO LIST

PAGETOP