NEWSお知らせ

特別企画⑤ NAMBA69 / ko-hey(Gt/cho)よりMY BEST 10 SONGS OF POP PUNK プレイリストを公開

2020.11.06



Ko-hey(Gt/cho)

POP PUNK 10選
・FOUR YEAR STRONG “Prepare to Be Digitally Manipulated” from 「Rise or Die Trying」
こういう楽曲のアプローチがあるのか、というのを知るきっかけになった衝撃の1曲。
ツインボーカル&ツインギターの絡みとたたみかけ方が最高。

・A DAY TO REMEMBER “Paranoia” from 「Bad Vibrations」
大好きなバンドに久々にぶち抜かれた曲。
強くてスケール大きくてメロが立ってて落とし方もハーコーで超強い。

・STRUNG OUT “Lost?” from 「Another Day In Paradise」
メタリックでありつつメロディックなパンク、絶妙なバランスですんごい。
そしてSTRUNG OUTは今でもすんごいからすんごい。

・Neck Deep “She's a God” from 「She's a God - Single」
以前から知っていて、AL「The Peace and the Panic」でぶち抜かれつつも、
去年出したこの曲でおったまげた。無駄のない構成、当然美メロ、しっかり3分飽きず、むしろ永遠に聞いていられる。こういう曲を作れるようになりたい。

・TAKING BACK SUNDAY “Liar (It Takes One To Know One)” from 「Louder Now」
コーラスワークが秀逸すぎる。新しいことをしつつ、きちんとルーツが感じられる。
ギターの歪み具合がすごく気持ちいいバンド。

・MY CHEMICAL ROMANCE “The Ghost of You” from 「Three Cheers for Sweet Revenge」
スクリーモキッズだった俺がマイケミにハマるきっかけの曲。MVで泣いた。このALではHelenaもI’m not okayも好きだけど、俺はこれ。

・THE STARTING LINE “Best of Me” from 「Say It Like You Mean It」
このサビでグッと来ないやつはいないと思う。
俺的にはPOP PUNK史で外せない曲なんじゃないかなと思っている。

・MAYDAY PARADE “Kids In Love” from 「Anywhere But Here」
海を越えて文化も違うはずなのに、どこか懐かしさや暖かさをすごく感じて一気にハマった曲。
声がズルい。

・Tonight Alive “The Ocean” from 「The Other Side」
元々知ってはいたけどハマりきっていなくて、どハマりするきっかけになった曲。
THE エモい。美しいとさえ感じる。

・NAMBA69 "YOU'RE MY FRIEND" from 「FRIENDS」
2020年にして、全ての時代を超越した名曲だと思っている。
とにかく1回聴いてみてほしい。ぶっ飛ぶよ。



NAMBA69 / ♪PLAY THE GAME (MUSIC VIDEO)


NAMBA69

2010年3月からソロ名義で活動を行ってきた難波章浩(Vo, B / Hi-STANDARD)が2013年3月にK5(G)、SAMBU(Dr)と結成したパンクバンド。
2014年6月にデビューシングル「MELODIC PUNKS NOT DEAD!!!」、同年12月に1stアルバム「21st CENTURY DREAMS」をリリースした。
2016年6月にko-hey(G, Cho / ex.ARTEMA)が加入し、4人体制に。
2016年に株式会社ジャパンミュージックシステムと共同で新レーベル「POP SPEED RECORDS」を設立し、2017年4月にミニアルバム「HEROES」を発表した。
2018年6月にKen Yokoyamaとのスプリットアルバム「Ken Yokoyama VS NAMBA69」をリリース。
2020年8月にNAMBA69が8月5日に新作ミニアルバム「FRIENDS」をリリース。
NAMBA69にとって大きな飛躍の年になった2019年。その流れは、2018年6月発売のスプリットCD「Ken Yokoyama VS NAMBA69」が注目を浴びたところから始まっていた。
2019年5月にリリースされた2ndアルバム「CHANGES」はバンドの持つハイブリッドな音楽性を開花させた作品となり、同年開催された全国ツアー「CHANGES TOUR 2019」はほぼ全公演のチケットがソールドアウト。さらなる期待が高まる中、2020年2月にドラマーSAMBUの脱退という事態が起こったものの、バンドは新たなドラマーとしてMOROを迎え入れた。
MORO加入後初のリリースとなる「FRIENDS」には、「Ken Yokoyama VS NAMBA69」に収められている「BEST OF THE BEST」と、新曲4曲を合わせた計5曲を収録。
また本作には2019年11月に東京・TSUTAYA O-EASTで行われた「CHANGES TOUR 2019」の最終公演の模様を収めたライブDVDが付属する。

BACK TO LIST

PAGETOP