NEWSお知らせ

BTSをカバーする世界中のロックミュージシャン達

2021.06.03

 

新曲「Butter」で、ビルボードHOT 100で4度目の1位に輝いた韓国のグループ、BTS。メンバー自身がソングライティングを行い、アイドルとしてだけでなく、ミュージシャンとしても世界のトップに君臨する彼ら。その楽曲は、ポップス・リスナーだけでなく、ロックやパンク、メタルシーンにも影響をもたらし、世界中の多くのミュージシャンがそれぞれにアレンジを加え、カバーしている。

 

今回PUNKLOIDでは、ロック/ポップパンク・バンドによるカバーにフォーカスし、世界中のミュージシャン達のカバー動画をピックアップ、コメントしてみた。ARMYのみなさんにとっても、ロックやポップパンクを知る良いきっかけになれば嬉しいです。

 

 

Red Shores X Rendy – Butter

 

東南アジアを拠点に活動するギタリストJeje GuitarAddictはYouTubeのチャンネル登録者数66万人を超える有名ギターユーチューバー。Rendyとコラボした「Butter」のカバーは、公開からまだ数週間が経過した程度ですが、オリジナリティ溢れるアレンジを組み込み、ファンキーな仕上がりに。

 

 

Brooklane – Dynamite

 

アメリカはノースダコタ州ファーゴを拠点に活動するポップパンクBrooklane (ブルックレーン)は、同郷のレーベルWe Are Triumphantのコンピレーション・アルバム『Got You Covered vol.05』の企画で、BTSの「Dynamite」をカバーしています。メロディラインのアレンジや、ポップパンク特有のエモーションに溢れたギターサウンドが聴きどころ。バンドは今年、ニューアルバム『Roll With the Punches』をリリースしているので、気になった方はチェックしてみて下さい。

 

 

 

SpecialThanks – Dynamite

 

海外だけでなく、日本にもBTSを見事にカバーするバンドがいます。愛知県を拠点に活動する女性ボーカル・メロディックパンク/ポップパンクバンド、SpecialThanksは、自身のYouTubeチャンネル「すぺちゅーぶ by SpecialThanks」の企画で、「Dynamite」をカバーしています。スウィートな歌声とジャキジャキと心地良く刻まれるギターサウンドがダンサブル。

 

 

 

Jeje X Keke Mazaya – Boy With Luv (ft. Halsey)

 

最初に紹介したギタリストJejeが、女性ボーカリストKeke Mazayaをフィーチャーして挑んだ「Boy With Luv (ft. Halsey)」のカバーもお見事です。ポストハードコアをベースにしたアレンジで、ラウドな雰囲気でまとめられています。ユンギ、RMのラップパートも完璧!

 

 

ポップス・リスナーだけでなく、ロックやポップパンク、そしてメタルシーンにも影響を及ぼしているBTSの偉大さを感じつつ、世界中に新しいお気に入りのバンドを見つけてみて下さい。

BACK TO LIST

PAGETOP